INSIGHTEC(インサイテック)のMRガイド下集束超音波治療器ExAblate 2000は、女性医療領域における治療法として、症候性の子宮筋腫にの症状の改善の目的で使用する治療器です。切開を行わないため比較的侵襲の少ない治療法です。MRI画像を元に集束超音波を照射して腫瘍組織を焼灼するため、周辺組織へのダメージが最小限に抑えられ、比較的安全で有効な治療効果を得ることができます。治療は外来もしくは短期入院程度で行われます。 子宮筋腫の罹患率は、年齢と共に上昇します。米国では、35歳の女性の40%が、さらに50歳の女性の70%近くが、子宮筋腫に伴う症状に苦しんでいるという報告があります*。多くの患者で発見から治療まで3年以上待つ傾向にありますが、その間にも筋腫は成長し続けます**。

*Khan AT, Shehmar M, Gupta JK Uterine fibroids: current perspectives Int J Womens Health. 2014; 6: 95–114. doi: 10.2147/IJWH.S51083; Day Baird D, Dunson DB, Hill MC, Cousins D, Schectman JM: High cumulative incidence of uterine leiomyoma in black and white women: ultrasound evidence. Am J Obstet Gynecol 2003, 188(1):100–107 ** Fibroidrelief.org, survey of 968 women between 2011 and 2012

治療の原理

症候性子宮筋腫に対する MRgFUS治療

    • 症候性子宮筋腫
      もっと詳しく 閉じる

INSIGHTEC
症候性子宮筋腫の治療について

  • 臨床について

    患部の切開を行わず、MRIを用い、リアルタイムで子宮筋腫部位を焼灼し治療の状況を画像を用いて確認できます。

  • 治療について

    子宮を温存でき、術後の回復期間が比較的短く日常生活に戻ることができます

臨床使用の情報

Jaron Rabinovici 医師は、「子宮筋腫は女性の骨盤にできる最も一般的な腫瘍であり、多くの女性が症状の改善するための治療法を求めています。MRgFUSは、女性にとっての選択肢の一つとなりうる。」と語っています。

ドイツのダッハウにあるHelios AmperクリニックのMatthias Matzko 医師は、放射線科医と患者の療法にとってのMRgFUSの数多くの有用性について、また、画像ガイドによる治療法が持つ医療の将来における役割についてお話してくださいました。

世界における薬事承認取得状況

  • 症候性子宮筋腫

以下項目にのすべてをご記入ください。 後ほど当社よりご連絡させていただきます。 (* 必須の)

agreement Error

ありがとうございます

ご記入いただき、どうもありがとうございました

ありがとうございます

This site is brought to you by INSIGHTEC, © 2018 Insightec Ltd. All rights reserved.

NGSoft logo