医療の未来はここから始まる

INSIGHTEC(インサイテック)は、MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)という画期的治療法を開発した世界的リーダー企業です。1999年の設立以来、Exablateのプラットフォームの通し非侵襲的な治療技術の開発と普及を進めており、脳神経外科、女性医療域やがん治療に新たな治療法をもたらし、現在も日夜研究開発に励んでいます。 治療法であるMRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)はMRI(磁気共鳴画像診断装置)と併用利用して治療を行う治療法です。臨床および経済的な観点における価値が評価されています。   また、Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)、欧州連合、TIME誌などから、多数のイノベーション・アワードを受賞しています。INSIGHTECは、GE Healthcare、Elbit Imaging、York Capital Management、GEOC Hengtong Investment limited Partnership、MediTech Advisorsが所有する非上場企業です。

INSIGHTECのビジョン

INSIGHTEC(インサイテック)は、世界有数の大学であるテクニオン工科大学(イスラエル)出身の博士号所持者やエンジニアによって設立されました。設立から現在も、複数の科学領域を組み合わせて画期的な医学的技術を開発し、世界中の何百万人もの人々の人生に大きな影響を与えようという熱意を持っています。 今日まで、INSIGHTECのチームは、革新的な取り組みにより、医学界への影響を急激に高めようとしています。他企業にない技術に挑戦し、多くの異なる領域の知識を組み合わせることで、新しいレベルの技術の実現を目指しています。革新的かつ緻密な操作上の効率を重視しは、科学と技術の両面で卓越することで、目標が達成されうると考え日夜さらなる開発をすすめています。 INSIGHTECでは長年にわたり、医学、工学、ビジネス、マーケティング、ソフトウェア開発の各分野から優れた専門家を集め、チームを構成してきました。全ての社員が一丸となり良い医療と治療結果に貢献するビジョンと情熱を持つ集団です。 INSIGHTECでは、革新を重視する企業文化や長期ビジョンの一環として、常に未来を見通し、治療ポートフォリオを脳腫瘍、前立腺がん、肝がん、乳がんなどに拡大することを検討しています。

過去の受賞歴

2016
2015
2015
2011
2008
2007
2005
2004

2016年

Forbes誌の2016年に注目すべき革新的企業10社に選出

INSIGHTECのExablateによる治療では、誘導超音波とMRIを利用することにより、一切手術を行うことなく、本態性振戦、振戦優位型パーキンソン病、骨転移、症候性子宮筋腫の治療を行うことができます。この技術が広く導入されれば、世界中で数多くの患者さんが手術を受ける必要性を減らすことができます。

2015年

INSIGHTECExAblate® 2000は、2004年に「Information Society Technologies of the European Union」のグランプリを受賞しました。最も著名なこの賞は、人類にとって革新的であることが評価され、この賞の審査にノミネートされた製品・サービス420件のうち、3件に授与されました。

2015年

INSIGHTECWorld Medical Innovation Forum(ワールド・メディカル・イノベーション・フォーラム)の「Disruptive Dozen(ディスラプティブ・ダズン)」リストに選出

この名誉あるリストは、今後10年間に神経医療や精神医療に革命をもたらす可能性を秘めた12の新技術を表彰するものです。特にINSIGHTECは、経頭蓋MRI誘導集束超音波とマイクルバブルを利用した集束超音波を組み合わせた神経学ソリューションで高い評価を得ました。このソリューションでは音波を利用することにより、切開術や放射線照射では治療が難しい体内の深い位置にある組織をターゲットとした治療を行うことができます。集束超音波は治療の精度を高め、患者さんの回復を早める可能性を秘めており、脳腫瘍やアルツハイマー病などの疾患の治療に革命をもたらす能力を備えています

2011年

TIME誌により、MR ガイド下集束超音波治療(MRgFUS)が年間最優秀発明ベスト50に選出されました。2011年11月28日のTIME誌の「発明」を特集した記事では、MR ガイド下集束超音波治療(MRgFUS)について、以下のように紹介されています。「磁気共鳴画像(MRI)と超音波の技術は、それぞれが本来優れていますが、組み合わせることで人生を変えるようなものが得られます。集束超音波と呼ばれるテクニックは、MRI画像を使用して、音響エネルギーの複数のビームを、体内深部の集中的ホットスポットに誘導し、子宮筋腫などの腫瘍を加熱して壊死させます。別の臨床応用として、脳病変を治療して疼痛やパーキンソン病に伴う振戦を軽減する治療の臨床試験を実施です。」

2008年

World Economic Forum(世界経済フォーラム)において、2008年の「Technology Pioneer(テクノロジー・パイオニア)」の1つとしてINSIGHTECが選出されました。Technology Pioneerには、エネルギー、バイオテクノロジー、医療および情報技術の領域において、大きな変革や革新をもたらすと考えられる技術を開発および応用している企業が選ばれますWorld Economic Forumは、主要技術の専門家の委員会を任命し、273件の候補から最終選考に進む企業を選定しました。INSIGHTECのビジョンは、外傷、手術合併症率、回復期間を最小限に抑える、次世代の非侵襲的な外来手術室を開発することです。INSIGHTECのExAblate® 2000は、世界初で唯一の非侵襲的手術システムであり、集束超音波と磁気共鳴画像を組み合わせた新しい技術です。

2007年

Red Herring(レッドへリング)誌により、欧州、中東、アフリカ(EMEA)の未上場テクノロジー企業上位100社の一覧である「Red Herring 100 Europe 2007」にINSIGHTECが選出されました。Red Herringによるこのトップ未上場企業一覧は、新しく革新的なテクノロジー企業や起業家を特定するという同社が伝統的に行っている取り組みの重要な部分にあたります。Google、eBay、Skypeなどの企業も、初期にRed Herring誌の編集者によって見出され、生き方や働き方を変えるリーダーとして注目されました。Red Herring誌の編集スタッフは、各企業の経営の質、戦略の実行、研究開発への投資など、金融データの慎重な分析や主観的基準をもって起業家的企業を厳格に評価しています。 

2005年

INSIGHTECのExAblate® 2000は、年に1度のイメージングソリューションコンテストにおいて、Advanced Imaging Magazineによる「2005 Imaging Solutions of the Year」の1つとして紹介されました。

2004年

INSIGHTECExAblate® 2000は、2004年に「Information Society Technologies of the European Union」のグランプリを受賞しました。最も著名なこの賞は、人類にとって革新的であることが評価され、この賞の審査にノミネートされた製品・サービス420件のうち、3件に授与されました。